note

スポンサーリンク
note

noteを始めてみたい方へ、noteの良い所と田中がnoteに公開してる脚本を公開!

「note」 というサービスをご存知でしょうか? 最近はnoteを利用されてる方も 多いですし、 かくゆう僕もnoteを利用しております。 では、 僕がnoteに実際に書いた記事の中で、 (僕の場合、脚本や日記をアップしています。) 唯一有料記事としてアップしている 連載物の記事をこの記事に 一話丸々アップします。
actor

2019あけましておめでとうございます!

さて、僕は最近特に人生を楽しんでいるんですが、 この「楽しい」「おもしろい」をどんどんとアップデートしていきたいと思います。 そのアップデートの一つがこちら。
Kindle

読書した後は自分なりにノートにまとめるタナカ流・読書記憶術がオススメ!

僕は中学、高校の時は図書室で本を借りて、黙々とよんでおりました。 で、数年経ち改めて本屋さんで本を物色してるとき、 そして購入して読み進めてから、 (おや? ......おや?) もしかして...... はい、読んだ事あった本のパターンですね。 物色してる時もたまにあったのが、 「これ読んだっけな? これは? あかん分からん。」 これが嫌で嫌で。自分が読んだかどうかわかってないんですよね。
スポンサーリンク