読書した後は自分なりにノートにまとめるタナカ流・読書記憶術がオススメ!

Kindle
スポンサーリンク

どうも、本好き田中尚樹(@Uzunaoki)です。

 

皆様、本読んでますか?

僕は家にいる時はお笑いの動画観てるか、映画観てるか、読書してます。

 

当たり前ですが、昔は紙の本だけでしたが、

今は電子書籍もあるので、紙の本と電子書籍を交互に読んでおります。

 

僕が使用してるのは、電子書籍で一番耳にするであろう「Kindle」

アプリもダンロードしてるので、パソコンでもスマホでも読めますが、

Kindle本体(無印)も利用しております。

Kindle無印についてはこっちで鼻息荒くして書いたので、

 

【2018】Kindleは無印で全然いい4つの理由
どうも、俳優ブロガーの田中尚樹です。 KindleとKindle paperwhiteのどちらを購入しようかな...... なんて悩まれてる方の背中をポンっと押せたらいいなと思ってます! 「そもそもkindleってなに?」

 

よかったらお暇な時にでも軽く覗いてやって下さい。

ちなみにKindleを持つと、驚く程読書が進むので、

本当にオススメですよ!

 

少しでも興味がある人はゲットをオススメいたします。

読書意欲がグングン湧いてくる代物だと思ってます。

実際僕はそうでした!

 

 ※この記事は3分程で読み終える事ができます。

 

せっかく読んだ本の内容を忘れないために

 

 

僕は中学、高校の時は図書室で本を借りて、黙々とよんでおりました。

で、数年経ち改めて本屋さんで本を物色してるとき、

そして本を購入して読み進めてから、

 

(おや? ……おや?)

 

もしかして……

 

はい、読んだ事あった本のパターンですね。

物色してる時もたまにあったのが、

 

「これ読んだっけな? これは? あかん分からん。」

 

これが嫌で嫌で。

手にとってる本が、過去に自分が読んだかどうかわかってないんですよね。

(まぁ僕が悪いんですが、こういう人って他にもいるんじゃないですかね?

 

そこまでひんぱんに起きるわけではないですが、

たまに、こういった悲しい現象が起きてしまいます。

 

で、そこからなんとかできないかと考えました。

 

 

そこで思いついたのが、

「本一冊につき、ノートの一ページにまとめよう」

というタナカ流・読書記憶術でした!

 

これを実際に行うようになってからは、

(あれ? これ読んだっけ?)

みたいになることは無くなりました。

 

(※もともと、読んだ本の事なんて忘れる事がないよ。ばかじゃないの?って方はこの先は無視してやって下さい。笑)

 

ストーリーと感想をまとめる

 

 

ノートの一ページに、

「ストーリー」

「感想」

を書きます。

ストーリーはざっとでいいです!

(あれってどんな話だっけな?)ってときに

あとで読み返して、なんとなく分かるぐらいでいいです!

 

大事な事は、自分の言葉で書くということ!

 

本の裏や、ネットであらすじを検索して、それをまるまる書いても意味がありません。

頭の中に残りにくいからです。

 

自分の言葉で書いていくと、改めて読んだときに、

とても思い出しやすいです。なぜなら、

自分の頭の中で一回噛み砕いて、それを言葉に残してるから。

これは本当にオススメです!

 

そして感想も同じく自分の言葉で書いていきます。

まぁ感想は当たり前ですね!

誰かの受け売り感想を書いても全く意味がないというか、

書く意味が無いですからね。笑

 

僕の場合は偉そうながら、

まぁ自分しかそのノートは見ないし良いだろうということで、

「点数」もつけてます。

(作者の方々申し訳ありません!)

 

そうすると

自分の好みが分かりますし、

再読する時に高得点のものを選びやすいですし、

人に「何かいい本ない?」と聞かれたときに

オススメ本を出しやすいです!

これは意外に結構オススメです!

 

でも、「これは〇〇点の本でね〜」なんて事は間違っても言わないように!

「お前何様?」と思われても仕方ありません!

 

10点中、6点の本だよ♪

・・・はぁ。(なにこいつ。だれこいつ。)

 

なんてことにならないようにお気をつけて!!

 

 

タナカ流、読書記憶術は小説もビジネス書も何でもござれ!

 

 

いかがでしたか?

 

ここまで書いてて思ったのが、

もしかしら「〇〇リーディング」みたいな感じでこの方法、もうあるかもしれないなと思いました。笑

もしあったらすいません……。

タナカ流!なんてつけてるのに誠にお恥ずかしい限りです。

 

似た所でいくとレバレッジ・リーディングでしょうか。

またあれについてもいずれ書かせていただきますが、

簡単に言うと、

あれは多読に向けた方法で、自分に必要にない部分はよみとばし、

本の中身に大事だと思った部分にはマーカーで線を引いたり、ページの端に折込をつけたり、

読み終えてから、そのマーカーや折込の部分をノートとかにまとめて、後々そのノートを読み返す、

という方法ですね。

(間違っていたらすいません。笑)

 

まぁ気楽に、読み終えた後にストーリーと感想を一ページにまとめるだけですので、

短い時間で終わりますし、

何よりも今後の自分に対して役にたちます!

 

もしよければやってみて下さい♪

 

ではでは!

あでゅー!

 

 

 

コメント