とても自分の考え方が変わる超おすすめ本3選をご紹介

書評
スポンサーリンク

どうも、田中尚樹(@Uzunaoki)です!

 

本好きタナカの、またもや本紹介のお時間です!

本好きの皆様、もしくは本に興味のある皆様に届きますように!

 

この記事では、自分の考え方にとてもプラスになった、

もしくは考え方が変わった超すごい本をご紹介させていただきます!

 

よければ今後の読書の参考になればと思います!!

 

 

 ※この記事は3〜4分程で読み終える事ができます。

 

 

絆のはなし:斉藤和義&伊坂幸太郎

 

 

こちらの一冊は斉藤和義さんと伊坂幸太郎さんの対談と、

対談に至るまでなどが収録されている一冊。

 

僕はこのブログで何度も伊坂さんが好きとは明言しておりますが、

斉藤和義さんも大好きで、「歌うたいのバラッド」なんて

何百回カラオケで唄ったか分からないくらいです。

それだけ僕の中ではこの二人は大きいんですよね。

 

そんな大好きな二人の対談なんて、見逃す手はありません!!

 

で、内容はと言うと、

もうですね、一言でいえば、

かっこいい男二人の最高にロックな一冊です。

 

この一冊でも書かれてますが、

もともと伊坂さんは会社員で、兼任作家で小説を書かれてたんですね。

本当に最初の最初ですけど。

 

で、通勤途中に斉藤和義さんの曲を聴いてた時に、

自分はこのままじゃプロの作家になれない気がする。

と思い、なんと仕事を辞めてしまいます。

 

斎藤さんの曲を聴いて仕事を辞めて専業作家になろうと決意したとの事。

 

その当時の心境は伊坂さんにしか分からないものだとは思いますが、

それだけ伊坂さんの中では斎藤さんは大きかったんでしょうね。

 

で、それから年月は経ち、

「フィッシュストーリー」

という作品を書き、

 

映画にもなりました。(DVDにもなって、面白いですよ!良い俳優さんがたくさん出演されてます!)

 

ただ、一つ問題が。

実写化する上で、主人公のバンドの曲をどうするか、でした。

伊坂さんは心のどこかで、

(斉藤和義さんにお願いしたいな)

と思ってたけど言えなかったそうなのですが、

なんの因果か、周りの人間達が「斉藤和義さんなんていかがですか?」と。

そこから話はトントンと進んでいき、

伊坂幸太郎さんと斉藤和義さんのコラボ第一弾が始まったそうです。

 

そしてそこからのご縁で、たくさんのコラボが生まれたらしく、

その中の一つがこの一冊。

 

最高にかっこいいし、ワクワクします。

 

  • 自分自身もチャレンジしよう
  • 後悔無いように生きよう
  • どこでどう繋がるか分からないから、自信を持って戦おう

 

と思えるようになりました。

 

ただの対談本ではありません、本当におすすめの一冊!

 

 

 

半径5メートルの野望:はあちゅう

 

 

ブロガーとしても超有名で、知っている方もかなり多いかと思います!

 

最近はご結婚もされましたね!

おめでとうございます!!

 

この一冊は、

 

  • とんでもない努力
  • 行動力
  • 忍耐力

 

の必要さを改めてまじまじと考えさせられます!

そして、ネガティブの経験を自身の力に変える

 

森山未來さんが主演されてる映画

「スマイル」

の中のセリフでもこんなセリフがあります。

 

「悔しい気持ち、イヤな気持ちをガソリンに変えろ。ガソリンにして、燃やせ!」

(注:記憶の中から引っ張り出したので一語一句合ってる訳ではありません!)

 

このセリフが僕の中ではとても残っているのですが、

はあちゅうさんのこの本を読んでる時にこのセリフを思い出しました。

 

はあちゅうさんは悔しい思いをたくさんしてきて、

その思いをガソリンに変えて、努力し、行動されてきたんじゃないかな、と

本を読んでたら感じました!

 

かっこいい女性の一冊!

努力をたくさんしたけどなかなか結果に現れず疲れてしまった人、

ネガティブな経験をして悔しい人、悲しい人、

自分のガソリンを確認したい人は是非!

 

まだやれる。いや、まだまだやる必要がある!

疲れも悲しさも辛さも、

それは全てが自分のエネルギーに変えれる!

 

そんな考え方になれる本です!

 

 

アルケミスト:パウロ・コエーリョ

もともと僕はこの本は知らなかったんですが、

先述した「スマイル」の

主演男優の森山未來さんが、とても影響を受けた一冊で愛読書です

とインタビューで応えてるのを観て

とてもとても気になって購入しました。

 

この本は簡単に言うと、

羊飼いの少年サンチャゴが、

エジプトのピラミッドには彼を待つ宝物が隠されてる、

という言葉を信じて旅をする話です。

 

本作はサンチャゴの成長していく姿が見れるんですが、

それを「自分」に置き換えて読んでみると、

もう心にズッバズバくるんです!

 

「夢」を追うという事がどれだけ大変で、

どれだけ神秘的な事なのかが、すごい実感させられます。

 

夢を追っていてよかったし、これからも追っかけて突っ走ろうと思えます。

 

自分の心にまっすぐに、周りがどう言おうが関係ない、

自分の信じたことをしっかり頑張ろう!

と、大事な根本的なことに改めて気付くことが出来るかと思います。

 

そして、自分が不安になった時、また読み直そうと思える、愛読書です。

 

夢を追ってる人って、どうしたって不安になる時があると思います。

なので、不安だったり、このままでいいのかな、

なんて思う人はこの一冊をおすすめします!!

 

読書は本当に良い!

 

いかがでしたか?

本当に「本」っていいんですよね!

人を助けるし、教えてくれるし、その人の柱になったりもします!

 

今回は僕の考え方にすごく影響を与えた、

もしくは考え方が変わった本をご紹介させていただきました!

 

これからもいろんな本をどんどんアップしていきますね!

むしろおすすめ本あれば教えて下さいませ!

 

ではではまた!

あでゅー!

 

 

 

コメント