【2018・6月最新版】Googleアドセンス10記事で合格した方法

ブログ運営
スポンサーリンク

 

こんにちは、田中尚樹(@Uzunaoki)です。

 

タイトルの通りですが、
たったの10記事でGoogleアドセンスの審査に応募した所
サクッと通りました。

 

この記事ではどんな方法、流れで合格したのかをお伝えできればと思います。

 

Googleアドセンスについて、いろんな情報が流れていた

 

 

僕はもともと調べ症な人間なので、
事前に色々と調べておりました。

 

  • 記事の数は10〜15以上はないとだめ、または30以上必要
  • A8のリンクなど貼ってはいけない、または大丈夫
  • プライバシーポリシー、プロフィール必要、またはいらない
  • 画像を貼るのはダメ、またはOK

 

んん……

どれが本当??

 

頭の上にハテナがポコポコ出てきました。
多分そういう人は多いと思います。

 

でも安心してください。
僕がそのハテナを取り除きましょう!

 

期間は関係ありません

 

 

このブログサイトを開設して、

2〜3週間程しかたっていません。

 

それがたとえ数日でも、逆に数ヶ月、一年でも、

何ら問題ないです。

期間は気にせず審査に向かいましょう。

 

 

10記事で大丈夫

 

はい。問題無いです。

 

ネット情報では
「5記事とかでも大丈夫」という言葉もありますが、

 

僕の考えでは
「いちおう10記事にしといた方がいい」でした。

 

「記事数が少なかったから落ちたのか! くそう!記事を増やすぞ!」

となるのも嫌ですし、
アドセンスのために量産する記事もよくないし、
まず10記事なんてすんなりいきますしね。

 

なので、
「いちおう10記事がおすすめ」です。

 

PV数は関係ない

 

はい。これは断言できます。

「多いから通過、少ないからアウト」
関係ないです。

なぜなら僕が少ないからです。
はい、超安心してください。

 

文字数は多分1000は超えときたい

 

 

ここは一概に言えないですが、

僕の記事の大体の文字数は1000〜2000です。

最低でも1000文字は超えてます。

 

多ければ良く、少なければアウト、この辺は何とも言えませんが、

 

あまりにも文字数が少ない記事、
例えば200〜300ぐらいの文字数の記事は
読む方も何か物足りないと思います。

 

充実したコンテンツを目指す意味も含めて、

最低1000文字は超えておいた方がいいでしょう。

 

画像はフリーの物を

 

画像は著作権の無い物を使いましょう。

僕はよく「Pixabay」というサイトから画像を使用しています

 

魅力的なフリー画像 - Pixabay
使用無料の画像やビデオがみつかる最良の場所。 商用利用無料 ✓ 帰属表示は必要ありません ✓

 

 

以前、Amazon画像を一枚使用した時、
「リンクシェア」では一回見送りになったので、
あまり使わない方がいいでしょう。

 

プロフィール・お問い合わせはあってもいい

 

ここは結構、
「無くていい」
という情報が多いので、多分無くても大丈夫なんだと思います。

 

でも、サイトとしてどうせいずれ必要になるでしょうし

 

審査に落ちた時の、
改善点は少なめにしておきたかったので
サクッと作りました。

 

とても簡単です。ググったらすぐに作れます。

作っておいて損は無いので、

ぜひ作っておきましょう。

 

プライバシーポリシーページは必須

はい、必須らしいです。

これも難しく無いので、ぜひ作っておきましょう。

10分あれば完成します。

めんどくさがらずに頑張って!

 

審査に応募したら3日で返事きました

 

 

審査に応募した後も、
1日1記事更新しておりました。

そして3日後、アドセンス通過のメールが!

 

こればっかりは数時間〜数ヶ月の人もいるので、

人によってまちまちかと思います!

が、僕のような3日間が一番多いかとおもいます。

とりあえず3日待つ気持ちでいましょう。

 

意外に通るよ!

 

 

審査が厳しい……

あれもして、これもして、あれもこれもダメ!

みたいな情報が多いですが、

まとめると

  • 期間は関係無し
  • 10記事は書いておきましょう
  • PV数は関係無い
  • 文字数は1000は超えましょう
  • 画像はフリーの物を
  • プロフィール・お問い合わせページはどちらでもいい
  • プライバシーポリシーは必須!
  • 審査は3日は待つ気持ちで。

 

以上です!

そして、ハッキリ言います。

意外に通ります!!

なので、あれやこれや調べて時間をかけるより、
サクッと応募するのをオススメします!

 

この記事で、少しでもお悩みの皆様の背中を押せたらいいなと思います!

 

レッツ、アドセンスチャレンジを!

 

では!あでゅー!

コメント