朝活を1ヶ月続けた3つのメリット

ライフハック
スポンサーリンク

 

どうも俳優ブロガーの田中尚樹(@Uzunaoki)です。

 

いきなりで何ですが、なんか憧れますよね「朝活」

かくいう僕も一時期チャレンジしてました「朝活」

 

今回は「朝活」に興味はあるけど、続けれるかな……

 

と、悩んでる人に1ヶ月続けた僕からいくつかメリットをお伝えします!

 

そもそも朝活とは?

 

 

まぁ言葉の通りなんですけど

 

「朝早くに起き、それによって空いた時間を利用し、自分のやりたい事をする」

 

シンプルに書くとこういう事なんですよね。

 

朝早くに起きて、色んな事をやろう!という事ですね。

 

たまにこういった質問もされます

 

朝活って何するの?

 

本当に何をしても良いと思うんですが、

よく朝活内容として耳にするのは

  • ジョギング
  • 読書
  • 新聞をまとめ読み
  • ヨガ
  • to do リストの完全管理
  • スムージー作り
  • 早めに出社して、仕事を整理する

 

これ以外でも他にもあるとは思うんですが

軽くあげただけでもこんなにあります

 

タナカ朝活例

 

僕が実際に行っていた朝活が

 

起床

ジョギング

シャワーを浴びる

朝食

映像作成など着手している作業

台本を読むか、読書をする

メールの返信、タスク管理など

 

がっちりこの通りではないですが、大体はこんな流れだったかと思います

 

朝活のメリットとは

 

 

そもそも朝活のメリットは、沢山あります!

 

メリットその1:作業効率がとても良い

 

 

幻冬舎の社長、見城徹さんやmacやiphoneでもおなじみのスティーブジョブスさん

他にもビジネスでバリバリの方もよく言われてるのが

朝は頭の回転がとても早く、決断力もすこぶる良いらしいのです。

 

見城さんの本「たった一人の熱狂」でも

 

「早朝に永遠が見える」

 

という名言も書かれてるぐらい、

とりあえず朝は「作業効率がすこぶる良い」のです

 

かくいう僕も実際に朝作業してみると確かに早い。

 

それまでは夜遅くまで作業をしていたのですが、

夜中ははっきり言って「効率が悪い」んですよね。

眠気と疲労は常にやってくるし、SNSやネットも気づけば見てしまう。

グダグダとやってしまうので、時間だけは過ぎていき、

「こんなに頑張ってるのになかなか終わらない……」という気分になってしまいます。

 

かたや朝に作業をすると、頭の中がクリアなので、

無駄に余分な事をしないんですね。

シンプルに作業に向かえます。

そうなると作業が早い早い。

おすすめです!

 

メリットその2:朝一のジョギングは気持ち良い!

 

 

はい、もうタイトルの通りです。

すごい健康的な事をしてる気分になります。

他にもジョギングしてる人に会ったら、

なんかお互いに半ニヤけ状態になります

(お互い、良い活動してるねっ。)

みたいな感覚です。

それに天気が良いととても気持ちいいです。

空気もきれいな気がするし、空の色とか、気温も気持ち良いです。

実際に健康にもいいですしね!

 

メリットその3:夜、すぐに寝れる

 

 

当たり前と言えば当たり前なのですが、

朝早くに起きてた分、

夜は一瞬で爆睡できます。

 

僕はもともと夜すぐには寝づらいタイプの人間なのですが、

朝活をすると夜は電池が全くないのが自分でもわかります。

いわゆる布団にダイブですね。

 

作業やメールの返信が残っていても「明日の朝に返信しよう」

と思えるから寝やすいんですね。

 

でも本来、この形が理想なんじゃないでしょうか。

 

朝早くに起きて、夜は早く寝る。

ザ・早寝早起き!!

 

朝活はメリットだらけ!

 

 

いかがでしたでしょうか?

一ヶ月続けた僕でもこれだけのメリットを感じる事ができました。

 

毎日憂鬱で・・

何か生活環境を変えたい・・

何か新しい事をやってみたい・・

 

って方にはとてもおすすめです!

健康にもいいですし、一度騙されたと思ってやってみるのもいいんじゃないでしょうか!?

 

ではでは!

あでゅー!!

 

コメント