本好きには超オススメの「しるし書店」について語ります。現在二冊目絶賛発売中!

ライフハック
スポンサーリンク

どうも、田中尚樹(@Uzunaoki)です。

 

突然ですが皆様、「しるし書店」って知ってますか?

 

キングコング西野さん発案のサービスなんですが、

これが画期的なシステムでして、

僕も利用させてもらってます。

 

本好きな人こそ利用するべき「しるし書店」

 

例えばみなさんが本を購入する時、

書店で本の並べられ方とか見て、人気本を購入するのか、

ネットで検索して、面白そうな本を購入するのか、

いろいろな本の購入の仕方はあると思います。

それはそれで全然良いと思います。

 

でも例えば、「A」「B」の二冊の本があるとします。

 

「A」書店に並べられてる何となく自分が好きそうな本。
「B」自分の最も尊敬する人(孫正義さんやビートたけしさんなど誰でも良きです)が、「この一冊を読んで考え方が180度変わりました。特に心をうたれた所にはマーカーで『しるし』を入れております。世界に一つだけの一冊となってます。よかったらどうすか?」とオススメしてくれた本。

 

このような場合あなたはどちらの本を選びますか?

多分大体の方は後者じゃないですかね?

僕はそうです。

西野さんご本人が書かれてる事をこちらに載せておきます。

とても分かりやすいかと思います。

“どこの誰だか分からない人が読んだ本”と、
SoftBankの孫さんが読んだ本”が同列で扱われて、同じように値段が下がってしまうのには少し違和感がありまして、
もっと言っちゃうと、孫さんが読んで、孫さんが付箋を貼ったり、線を引いたり、メモを書いたり、そういう”しるし”を入れた本は、むしろ、定価より高い値段でも手に入れたい人がいるのではないでしょうか?

そして、その人達が欲しているのは、本そのものもそうですが、
「孫さんが何故この本を選んだのか?」
「孫さんがこの本のどこを面白がったか?」
という”孫さんの視点”ではないでしょうか?

僕は、”自分の人生に影響を与える人の視点”には価値があると考えました。

〜原文ママ〜

(「campfire」より引用)

 

しるし書店の本って、ようは中古本じゃないの?

 

まぁ考え方一つですが、確かにそう思う方もいると思います。

誰かが本を買って、「しるし」をつけて、それを売るわけですからね。

 

それなら「新品」が欲しいと思うか、

西野さんが言ってられるように、

「その人の視点」が欲しいと思うか、

どちらを欲しがるかはその方次第。

 

大事なのは信用

 

でも僕だって、さすがに本当に何も知らない人の

しるし本を欲しいとは思いません。

それなら新品を購入するかと思います。

 

じゃぁ、欲しいと思う所は何かというと、

出品者の事がどれだけ「信用」できるかという一点のみだと思います。

 

例えば出品者に興味があって、

どんな事を考えてるのか知りたくなって、

または普段話してる事がすごい有益で、

どんなモノをインプットしてるのかとか、

どんな視点で読書をしてるのかとか。

 

どんな理由にしろ、それらはすなわち「信用」に繋がります。

 

この人はどれだけ「信用」できるのか。

それによってお金を使う振り幅が変わりま

 

 

信用が大事なのに定価より高い本も。= 出品者は適当に出品はしない。ゼッタイ。

「新品の定価より高い!それってボッタクリじゃん!」

という声もたまに聞こえてきます。

 

僕からすればそれは、

もったいない考え方だなぁと思ってしまいます。

 

先ほども書きました、

「信用が大事」

 

そんな世の中でお小遣い稼ぎの為に、

適当にしるしをつけて本を出品したらどうなると思いますか?

なんども言いますが、

 

購入する人は、その本以上の付加価値を求めています。

 

ようは出品する時点で多少ハードルは上がってる訳です。

自分の信用を可視化させて、出品するわけですから、

下手な事はできません。

嘘をつけば二度と購入してもらえないでしょうし、

その人の信用は一瞬でゼロになります。

 

そんなそこそこのリスキーな事をわざわざしますか?

それなら本を大量にメルカリ等で売った方が早いし、

楽チンです。

 

なのでボッタクリという意見は

僕からすれば多少マト外れで、

せっかく「しるし書店」に興味持ったのに、

もったいない考え方だなぁと思ってしまいます。

 

なかには、

しるし本を1万円や3万円で販売されるツワモノもいらっしゃいます。

でも不思議なもので、

別に誰もぼったくりー!と声を荒げる人はいないんですよね。

とゆうか何だったら、売れてます。笑

 

それはなぜか。

それだけ出品者が信用できて、

なおかつ出品者の熱意がふんだんに伝わってくるからです。

そういう本ほど、例え高くとも欲しくなるんですよね。

 

でも料金の最低価格設定は500円からとなりますので、

定価より安く販売されてる方もいます。

なので、しるし書店本=高い、という訳でもありません。

これがこんなに安くで!?

と、掘り出し品に出会うこともしばしば。

 

ちなみに、僕は定価より高く販売しております。

 

それは、それだけ自分の中で大事で

ムネをはってオススメできる一冊だから、

値段も僕の中ではそれだけの値段にしております。

 

ぶっちゃけ定価より高い料金で販売するのは

結構勇気がいることです。

「お前のしるし本、全然やないか!」

と言われればそれでしまいだからです。笑

 

だからこそ、生半可な気持ちでの出品はしません。

 

マジマジ出品です。

 

 

しるし書店、二冊目販売!一冊目はすぐに売り切れ!

 

はい、それだけ熱く語った僕が「しるし書店」にて

二冊目の販売を行ってます。

 

ちなみに、一冊目は予想外にすぐに売れた事もあって驚きました。

 

 

そのときの興奮はこちらに軽く書いてます。

 

無敵の思考を読んだら、本当に無敵になれます
どうも、本好きの田中尚樹(@Uzunaoki)です。 みなさま、「ひろゆき」さんってご存知ですか? 大多数が知ってる人でしょうね!日本でこの人を知らない方はいないんじゃないですかね? もし知らないとしても、 「2ちゃんねる」...

 

二冊目は

「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」

これは書店でとても気になって購入した一冊。

 

穴が空くほど読みました。

 

もうね、おもしろくておもしろくて。

ワクワクが止まらないんですよ。

自己啓発じゃなく、

超具体的な行動を教えてくれる本です。

 

 

こんな感じで選択形式で読み進める事も出来ます。

 

 

やる気と行動力とエネルギーを補充したくなったら

この一冊をとてもオススメいたします。

 

 

 

「この本を読むか読まないか、またいつ読むかで人生が大きく変わるだろう」

 

これが1P目に書かれてます。

しぶすぎでしょう。笑

 

ちなみにこの本のしるし書店ページはこちらです!

 

エネルギーをガソリンに変えれます。ヤル気が無限に溢れ出てくる一冊。 | しるし書店
藤原和博さんの渾身の一作。 キングコング西野さんの魔法のコンパスでも紹介されてます! この本の1P目に書かれてる、 「この本を読むか読まないか、またいつ読むかで人生が変わるだろう」 という一行は本当にそうで、 その時その時によって、何度も何度も読み直しました。それこそ穴が空くほど。 選択でA〜Dまで...

 

よければ目を通すだけでもしてもえらえたら嬉しいです!!

 

まじのまじまじで、この世に一冊です!!

 

 

 

まとめ:本好きには販売も購入どちらもオススメ「しるし書店」

 

いかがでしたか??

本が好きな方や読書が趣味な方。

 

気になる方の視点を知った上で読書してみたいとは思わないですか?

 

別に買わなくてもいいです。

試しにしるし書店の色んな方のページを除き覗き見るだけでも構いません。

 

一度遊びにいらしてください。

 

全員が全員、本気で、真剣に出品されてるかと思います。

 

おもしろい世界ですよ!

よければ是非!

 

ではでは!

あでゅー!

コメント