「ブログネタがもう無い」そんな時に実践するべき3つの行動

ブログ運営
スポンサーリンク

どうも、田中尚樹(@Uzunaoki)です。

 

毎日記事アップは出来ておりませんが、

ブログの事はしっかり毎日頭の中にあるタナカです。

 

僕はブログを書く際の

「ブログネタ」に

あまり困る事はありません。

 

単純に書きたい事が多いのもあるかもしれませんが、

多分必要な

「インプット作業」

「好んでやってる」

というのが一つの理由かと思います。

 

でもTwitterやネットを見てみれば

結構「ブログ書きたいけど何を書けばいいのかわからない……」

という方が多いようです。

 

そんな方へ少しでもお助けになればと思い、

今回記事にさせて頂きました。

よければご参考までにご覧ください。

 

 

※ この記事は5分程で読み終える事が出来ます。
 
 
 
 

とにかくインプット。これに尽きる!

 

もう本当この「インプット」はとても大事です。

普段から進んでインプットをしている方は

問題ないかと思います。

 

が、お仕事で忙しかったり、

色々な理由でインプットを

後回しにされてる方が多いようで、

頭の中で、あーでもないこーでもないと

ブログネタをこねくりまわしては

書いては挫折。書いては挫折。

となってしまう。

 

もしくは、最初は書きたい事がたくさんあったけど、

それらを一気にブログにて放出して、

気づけばネタ切れ。

 

ワタシハイッタイドウシタライイノ?

 

状態に陥って迷路に迷う方もいるでしょう。

 

そんな時は改めてインプットに立ち返るべきです!

そうするとおのずと書ける事が増えていきます。

 

「インプットインプットってうるさいけど、

じゃぁどんなインプットがあるの!?」

という声も聞こえてきそうなので、

オススメインプットをお教えします。

 

映画を観よう!(DVDでも可)

映画ってすごいなぁと思うんですが、

当たり前の事かもしれませんが、

常に新作が出てて、

常に色んな物語、俳優さんが出てて、

たくさんの感動、興奮を与えてくれますよね。

 

なので、映画一本観るだけで十分レビュー記事が

書けると思うんですね!

世には沢山のレビューブログがありますし。

でもだからこそ、

「誰かが書いてるから自分は書かない方がいいだろう」

という考えは全くもっていらなくて、

例えば気になる映画があって、

ご自身が検索された時、

一記事で終わりますか?

そういう人もいるでしょうが、

僕は大体は一記事で終わりません。

いくつかの記事を読んで、

自分が気になる映画を観るのかどうか吟味したりします。

それはある種、需要者の特権だと思うんです。

 

なので何個あっても良いと思うんです。

レビューブログというものは。

 

ちなみに僕もこんな記事を過去に書いたりもしてます。

 

やはり名作映画【ジョンQ】 オススメポイント5個に渡って全力でプッシュします!(ネタバレあり)
どうも、田中尚樹(@Uzunaoki)です。 僕はよくこのブログで読書について記事にしております。 本好きです。 でも、映画も好きなのです。 映画のDVDも600枚以上持っております。 そんな映画好きの僕が昔から好きすぎて...

 

なので、ブログネタに困ったら

映画(DVDでも全然いい)を観よう!!

大体2〜3時間くらいで観終えれるし、

感想でも自分なりの考察でもいくらでも書ける事は

湧き出てくるはず!

それを文字にするだけ!!

オススメですよ!

 

本を読もう!(絵本でも可)

僕的にはこの方法が一番オススメです。

なぜかというと、

映画やドラマも素敵ですが、

視覚効果がありますよね?

観たものがそのまま頭に記憶される。

 

対して本というのは、漫画などを除いて、

「活字」で僕たちに届きます。

だからこそ、自分自身の想像の力が必要になりますよね。

 

するとどうなるか。

 

自分自身の脳内で作りあげられた世界というのは

記憶しやすいですし、何よりも、

感想や考察、自分の意見がより深く、濃くアウトプットしやすい。

 

でも、人によっては、

「読書が苦手」

もしくは

「読書する時間が無い」

という方もいるでしょう。

 

そんな時の超オススメなのが、

「絵本」です。

 

絵本って子供が読むものでしょ。

 

と、思われがちですが超絶ノンノンです。

絵本を大人になって改めて読んでみて下さい。

目からウロコなことが沢山。

改めて気付かされることも沢山ございます。

涙腺がキュッとなることも。

 

絵本ってもちろんですが、小説などに比べると短いですよね。

その分、文章がぎゅっと凝縮されてます。

読んでみたら分かりますが、

本当に改めてトリコになる方もいます。

 

僕のオススメは、有名ですがやはりこの絵本かなぁ。

 

 

内容は、タイトルの通り100万回生きたねこの話です。

でも最後は生き返りません。

それはなぜか……?

とても考えさせられます。

大人だからこそ読んで欲しい一冊です。

 

ちなみに、今世の中に大旋風を巻き起こしていると

いっても過言ではない、

キングコング西野さんの絵本

 

「えんとつ町のプペル」

この絵本は大ベストセラーですよね。

 

こちらの絵本は絵の綺麗さもさることながら、

内容もじゅうぶん大人が余裕で楽しめる内容となっております。

どんな絵本を手にとればいいかいまいち分からない……

という方は、この本を選んでみるのもオススメです。

 

 

外に出よう!(近所のカフェでも可)

家の中、もしくは作業場でウンウン唸って考えても

特に何も閃かない……。

そんな時は思い切って外に出てしまいましょう!

 

観光名所とかテーマパークとか

行けたら特に良いですが、

そんな色んなところに行く時間もお金もないよ!

という方は、近所のカフェやご飯屋さんでもいいです。

 

そこのレビュー記事を書けば、

誰かがそのお店が気になった時に

役立つ一記事となります。

 

  • どんなお店で
  • どんな空間(雰囲気)で
  • どんな料理(またはドリンク)で
  • どんな味で
  • どんなサービスで
  • 価格設定はいかほどで
  • 自分的にはオススメなのか
  • オススメポイントはいくつあるのか
  • はたまた辛口レビューでも役立つ情報なら良し

 

一つのお店に行くだけでこれだけ書くことが出来ます。

以上の事を見出しで分けて書いていくとあら不思議。

とても濃厚な記事に出来上がるんではないでしょうか。

何だったらこれ以上もっと書ける人もいるでしょう。

 

 

ちなみに余談ですが、

僕も先日ニフレルに行ってきたので、

その記事を執筆してるのですが、

まだ下書き段階で途中までしか書けてませんので

また後日アップさせて頂きます。笑

 

 

まとめ:隙間が出来たらインプットを忘れない!

いかがでしたでしょうか?

ブログを書くにあたって悩む事は多いと思います。

僕だって悩みます。

それはなぜか?

「ゼロから生む苦しみ」

というものがついてまわるからです。

 

でも本当のところはゼロじゃない。

なぜかというとブログの諸先輩方が、

沢山のブログを世にだしてくれているからです。

 

それらを沢山読むと

(ちなみにこれも一つのインプット作業です)

こんな事もあんな事も書いていいんだ!

と思える事ができます。

 

ブログは自由なんだ、という事に改めて気付かされます。

(かといって誰かを傷つけるようなブログはあまりオススメしません。確かにそういったブログは沢山ありますが、どこかの誰かは絶対に傷つきます。)

 

なので、記事に困ったらとりあえずインプットを!

困らなかってもインプットを!

そうすれば、書ける事、書きたい事がストックされていくでしょう。

あとはそれらをどんどん執筆していけばいいんです。

 

今回は特に分かりやすいインプットの

  • 映画
  • 外の世界

について書かせていただきました。

 

ブログ執筆でお悩みの方のほんの少しの手助けになれれば幸いです。

 

ではではまた!

あでゅー!

 

 

書評やブログ活動の参考に合わせて読みたい

 

背筋が伸びまくる関根勤さんの一冊「バカポジティブ」を読みましょう!
どうも、田中尚樹(@Uzunaoki)です。 10年近く前に読んだ一冊なのですが、 僕の心に結構残ってて、久しぶりに読みたくなったので、 最近読み直したら、歳をとってもこれはやはりとてつもなく良書だ!! と思ったので、このブログ...
ブログノウハウの本は「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」をとりあえず読めばいいんじゃないだろうか
  こんにちは、本好きの田中尚樹(@Uzunaoki)です。 この度 「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」を 読み終えたのですが、 ブログをやってる人、 これからやろうと考えてる人、 ブログに触れている全ての方に...

 

 

 

 

 

 

 

コメント