読書したいけど時間が全く無い人へ、伊坂幸太郎さんの3652をおすすめする3つの理由

書評
スポンサーリンク

 

どうもこんにちは!

 

本日は本を読みたいけど、

 

本当に時間が無い、忙しすぎる、

そんな忙しい方へ

 

伊坂幸太郎さんの「3652」という本をスーパーおすすめします!

 

読書したいけど時間が無い!

 

  • 寝る前なら読書ができるでしょう
  • 電車の移動中なら大丈夫では?
  • 朝、早く起きて読書すれば?

 

など、いろんな意見があるかと思います。

でも、それに対し

 

「言いたい事は分かるけど、本当に時間が無いんだ……」

「寝る前なら、というかもうすぐに寝たい……」

「朝早く起きる、なんてもっての他ですよ、いつまでも寝ていたい……」

 

という人たちもいると思います。

 

要は

読書する時間が作れたらいいけど、その時間が無いんだよぉぉ!

って事ですよね。

 

じゃぁそういう人は本が読めないのか?

 

ノンノンノン、ご安心ください。

 

 

伊坂幸太郎さんの「3652」がおすすめ!

 

 

帯には

「10年目にして初エッセイ集できました」

と書かれており、

 

僕はこの伊坂幸太郎さんの大ファンなので、

 

え!? あの伊坂さんのエッセイ集!? と興奮して即購入しました。

 

デビューから3652日間(タイトル「3652」の由来はここから)の間で

いろんな雑誌などで書いたエッセイ88本がまとめて収録された一冊なのです。

 

これはもうファンからしたら読むしかない!

で、一気に読みました!

 

時間がない人におすすめする理由

 

 

エッセイ一つのページ数が少ない

 

一つのエッセイに対して、だいたい2ページぐらいで、

多くても8~10ページぐらいなんですね!

 

なので、一つ一つ読むのに、だいたい5分以内ですみます。

 

普通の小説などを読むときは、5分以内だと、

どんな感じに話が進んでて、誰がどんな人で、どんな事件が起きてるのか、

とか思い返す脳内作業も必要となるので、

どうしても難しくなってしまいますね。

というより集中出来ないですもんね、その短さだと。

 

でも「3652」だとサクッと読めます。

一つを読むのに5分以内。

 

それこそ電車の一瞬の待ち時間、寝る前の本当に刹那の時間。

 

時間が全然ない人でも、読む事が可能です!

時間短縮ですね!

俗にいう時短!!

まさにおすすめです!

 

 

どこからでも読める

 

エッセイ集なので、小説とかとは違い、

どこからでも読めるんですね。

例えば、

 

17ページ

「キャラメルコーン」

78ページ

「私が繰り返し聴く3枚のCD」

140ページ

「このマンガを読んでると、喜怒哀楽に分類できない、変な感覚になる」

 

この上記の3つのエッセイ、

もちろんですが、順番通りに読まないといけないなんて事はありません。

最初から読む必要は全然ありません。

 

好きなところから好きなように読んでオーケーでございます!

 

なので寝る5分くらい前に

 

「今日は何読もうかな~」

 

と気軽に本を開く事ができます。

 

興味をそそられる内容が盛りだくさん!

 

何よりも伊坂さんが書かれてる事なので、

どれを読んでも面白いのですが、

特に僕がそそられた内容をこちらに軽く抜粋させていただきます!

 

  • 「106人の作家に聞きました」
  • 「人気作家63人大アンケート」
  • 「記憶に残る短編小説」
  • 「強度のある小説という言葉にもっともふさわしい写真」
  • 「私隠し玉」
  • 「僕を作った五人の作家、十冊の本」

 

他にもいろいろあるんですが、書き出すとキリが無いので……

特に

「僕を作った五人の作家、十冊の本」

 

は、すごいいい内容で、

ファンで、本好きとしては大喜びの内容です!

 

 

三人目は島田荘司だ。

たぶん、この作者の作品を読んでいなければ、僕は、

自分でも小説を書こう、などとは思わなかったかもしれない。

少なくとも、ミステリーにこだわろうとはしなかった。

(本文より引用)

 

 

この一文は、伊坂幸太郎ファンでもあり、

島田荘司ファンでもある僕からしたら、

ニヤニヤが止まらない部分でした。

この後は、島田荘司さんの本についていろいろ書かれていました。

もう僕からしたら得しかない部分でした。

 

とにかく3652がおすすめ!

 

いかがでしたでしょうか?

 

本当に時間がない人

小説をがっつり読むほどのパワーは無い人

新たな知識や考え方を気軽に得たい人

 

伊坂幸太郎さんの「3652」がおすすめなので

よかったらぜひ読んでみて下さい!

 

 

 

逆におすすめ本があれば教えて下さいませ!

素敵で快適な読書ライフを!

 

では!あでゅー!

コメント